So-net無料ブログ作成

大牟田・三池のよかばんも!

大牟田・三池のよか話を綴っていきます。

 
前の10件 | -

大牟田・上内考 神代時代と上内 [大牟田・上内考]

神代時代、生活線上に活躍した部族は、海部族と山部族でした。

海部族の本拠は、筑紫儺の津(博多)で、旗の表象は鰐でした。
当時の筑紫は海神王国の勢力下にあって、よく治まっていました。

海部族は主に異地(支那、朝鮮、琉球)との往来後、肥後、それに
中国地方まで勢力を伸ばしていた一族でもありました。

大牟田地方には、海部族神綿積神社が手鎌にあります。後世強豪が
徐々に独立を企図したため、日向、筑紫、豊の国も麻の如く乱れ
屢々朝廷を苦しめました。

山辺族の巨魁は大山積の神です。旗の表象は熊で、一名熊襲と
云いました。

宮部の早馬神社は山部続神です。中国地方から漸々南に伸びて、
薩摩を本拠としました。

<土蜘蛛と上内>

古代、大和地方に幡居していた全住民の頭目は洞穴に住んでいました。

故に土蜘蛛と云われ、別名を熊襲と云いました。

お隣の宮部村にも洞窟生活の跡と思われる古墳が、いくつもあり
ました。

来栖族と云うのは、神代時代の土蜘蛛の子孫と云われています。

宮部、上内、四箇、南関等、広い範囲に亘って熊襲の聚楽が、
あったのではないかと思われます。



伝説とかみうち「郷土史かみうち村」境 正善




共通テーマ:趣味・カルチャー

大牟田・上内考 縄文土器と上内 [大牟田・上内考]

大昔のことは、学説も、まちまちですが、3000年以前の
ことを縄文時代と云われています。

今までに出土した土器の中では、縄文土器が一番古い
そうです。

この土器の特徴は竹べら、指、貝殻等で、模様が描かれて
いること、低温で焼かれているので脆いと云うことです。

この土器が上内付近即ち、吉野小学校(豊持)の丘陵地帯や、
当時は海だったと思われる上内農協付近から発見されています。

すると上内には、3000年以前から、先住民がいたようです。

炭素測定法

年代の割り出しは、炭素測定で判るそうです。即ち炭素は重要な
元素です。

これを高熱で焼くと腐食程度がわかるので、年代も判ると聞いて
います。

尚、原始時代の火種は恐らく落雷によって生ずる火だろうと
云われています。

裏山遺跡(弥生式竪穴)17個の硝子製小玉が出ました。

標識 記

昭和29年12月 縄文遺跡確認
昭和37年10月 遺跡地購入
昭和39年9月  古代住居復元
昭和52年3月  三月之建

筑後市教育委員会
筑後郷土史研究会

裏山遺跡(縄文時代の復元住居)

筑後市 上北島
縄文時代・・・3000年以前


「郷土史かみうち村」境 正善



タグ:裏山遺跡

共通テーマ:趣味・カルチャー

桜姫とこのしろ [大牟田・三池の民話]

昔、むかし、六、七百年ほど前のことです。

三池長者の一人娘、桜姫は誰もがうっとりと見とれる
ほどの美しさ、年ごろになるとあちこちからたくさんの

縁談がもちこまれましたが、長者夫婦は娘かわいさの
あまり、どんな縁談にも耳をかそうとはしません。

しかし、とうとう断りきれない話がもちこまれてしまい
ました。

桜姫のうわさを聞いた宮中から、是非にとのおおせです。

「わしゃ、桜姫は誰にもやりとうなか」

桜姫の出発の日が近づいたある日、長者は古い言い伝えを
思い出しました。

「そうじゃ、ツナシという魚を焼くと、死臭がすると聞いた。
 娘は死んだということにすれば手放さんですむ・・・」

宮中にうそをつく恐ろしさよりも、娘を手元においておきたいと
いう気持ちが勝りました。

いよいよ、宮中から迎えがくるという日、長者の家には
たくさんのツナシが持ち込まれました。

ツナシを焼き始めると、あたり一面、なんともいえない
いやな匂いがたちこめ始めました。

はるばるやってきた使者に長者は「娘は昨日、悪い病で
亡くなりました。いま火葬しているところです」とうそを言い、
とうとう使者を追い帰してしまいました。

しかし、こんなことがあったために桜姫はどこへも
お嫁に行けず、仏門に入って生涯を終えたと伝えられて
います。

またツナシも、このしろ(子の代・子の身代わりの意)と
呼ぶようになったということです。

ここに載せている話は大間長者であるが、この話とほぼ同じ
 話が「福岡県の民話」の中に「朝日寺」としてある。

 「朝日寺」では、みずまの庄に藤吉種次という人が
 三池長者と呼ばれ、その娘ということになっている。



大牟田の民話より





共通テーマ:趣味・カルチャー

三池典太の草刈鎌 [大牟田・三池の民話]

むかしむかし、三池に刀鍛冶の典太と親しくしている一人の
百姓がありました。

ある時、彼は典太の家に行って草刈り鎌を作ってくれと
頼みました。

日頃気難しい典太がこころよく承諾しましたので、百姓は
ことのほか喜んで帰りました。

それから半年が過ぎ、一年経ってもいっこうに約束を
果たさないので、百姓は会う度に催促してしました。

そんなことを何度も繰り返していた百姓は、もう半ばあきらめ、
それもいつしか忘れていました。

するとひょっこり典太が尋ねて来ました。

みると手にギラギラ研ぎすまされた草刈り鎌をもって
いるのです。

百姓は、まさか・・・と思いましたが、半信半疑で
「その鎌は?・・・」と尋ねますと、典太は黙ってその鎌を
差し出したのです。

永年の願いがやっとかなえられた百姓の胸中は、いかばかりで
あったでしょう。

それからというものは、家族のものにも取り扱わせないように
大切にして、典太の鍛えた鎌を人々に自慢をしておりました。

そんなある日、いつものように鎌をたずさえて、付近の山に
草刈りに行きました。

しばらく草を刈り、腰をおろして一服していますと、
仕事の疲れと日当たりの心地よさで、ついうとうとと眠って
しまいました。

すると、藪の中から一匹の大蛇が現われ、ゆるゆると百姓
めがけて進んできました。

そして大蛇が寝ている百姓をひとのみにしようとした刹那、
百姓の側にあった草刈り鎌がムクムクと起き上がり、

まるで生きもののように、大蛇にいどみかかっていき、
あっという間に大蛇の首を斬り落としたのです。

これは彼が眠っているつかの間の出来事で、彼は勿論これを
知るはずもありません。

しかし、この有様を物陰からじっとみていた一人の武士が
ありました。

百姓が悪夢からさめると、武士は彼の側に近寄り、その鎌を
是非譲ってくれと熱心に頼みました。

百姓は親友の典太が作ってくれた大切な鎌でしたから、
申し出をかたくことわりました。

ことわられるとますます欲しくなるのが人情です。

武士は「お前が欲しいものをいってくれ、その鎌を譲って
くれるなら、なんでもやろう」ともちかけました。

そこで、彼は武士とのやりとりを一刻も早く打ち切りたいと
思っていましたので、「そんなら、向こうにみえる小川を

米俵でみえんように覆うてしまい、その米俵ば全部くだはれば、
譲ってもよか」おそらく、そんな大それたことは出来ないだろう
と、百姓は相手をみくびっていったのでした。

ところが、その武士は、「承知した、それでよいか」と念を押し
ますと、家来に命じて、倉の中の米俵を残らず運ばせて、
山の麓から頂上まで、全部米俵で覆ってしまったのです。

これをみた百姓はびっくりしましたが、約束したのですから、
もうことわることは出来ません。

みれんを残しながら、大切な草刈り鎌を武士に渡して
しまいました。

その後、米俵を積み上げたこの地を、「米の山」と
よぶようになったということで、高取の東方に、現在も
この地名は残っています。

※三池典太は世にも稀な名刀工として、典太光世と号した
 実在の人物である。

 現在、高泉団地近くの屋敷跡と伝えられるところに碑が
 一本立っている。

 残念ながら、目だたないが、ー。



大牟田の民話より





共通テーマ:趣味・カルチャー

親子ギツネ [大牟田・三池の民話]

ある秋の日の夕方、沖田にすんでいるひとりのばあさんが、
くわをかついで野らからかえるとちゅう、コンコンコンと、
キツネのなき声をきいた。

キツネのなき声をきくと、不吉だと、むかしからいわれている。

ばあさんは、いやなかんじがした。

あのなき声は、きっと、お宮の森にちがいない。
ばあさんは、家にいそいだ。

お宮さんのけいだいに、大きな大きなヤマモモの木があった。

なん百年もたったとおもわれるふるい木で、まわりは、おとな
四、五人の手でやっととどくほど大きかった。

いつもしめなわがはってあり、村の子どもたちも、この木には
いたずらをしなかった。

このヤマモモの木は、根もとに、ぽっかりほらあながあいていた。

まえに、ばあさんは、このほらなの中に親子のキツネがいるのを
見つけたことがある。

そのときは、家のニワトリをとられてはたいへんだと、ほらあなの
中をぼうでつついて、おいだそうとした。

親ギツネは、歯をむいて、ぼうのさきにかじりつき、すごいうなり
声を出した。

そして、小ギツネのからだをかばいながら、あなのおくふかく
にげこんだ。

くらいおくから、目をらんらんとひからせ、子ギツネをだいている
ようだった。

ばあさんは、この親子ギツネをいけどりにして、毛皮を売り、
金もうけをしようと考えていた。

いそいで家にかえって、大きなあみをもってお宮さんへと
ひきかえしたが、もう、親子ギツネはいなかった。

それから数日たった夕方、ばあさんは、むすめのよめいり
さきからのかえり道、千足堀のあたりで、きゅうにねむけに
さそわれ、半分ねむりながらあるいていた。

すると、道が水びたしになって、小川のようになってしまった。

ばあさんは、いそいでぞうりをぬいで素足になり、きものを
からげて、ぬれないようにあるいた。

そのうちに、これはどうしたこと。

あたりいちめん海になって、白い波がうちよせてきた。

海はふかくなるばかりで、ばあさんは、頭にきものを
のせ、こしまきひとつで、いっしょけんめいにおよぎ
だした。

「たすけてえ、たすけてえ、道が海になってしもうたぞう」
ばあさんは、力いっぱいさけんだ。

およいでもおよいでも、岸はとおかった。やっとのことで、
いのちからがら岸におよぎついた。

からだは、くたくたにつかれきって、その場にすわりこんで
しまった。

ときならぬばあさんのさけび声に、村人たちは、びっくりして
はしってきた。

「ばあさん、どげんしたっな。はだかになってしもうて・・・」
「どげんもこげんも、あるもんかい。おらあ、いっしょうけんめい
 およいできたっぱな」
「どこばおよいだっな。いっちょん、水はなかが・・・」
「よーっと(ようく)、見てみなはれ、ばあさん、ここはソバ畑の
 まん中ばい」

よく見ると、海だったところは、たしかにソバ畑だった。

およいでいるまに、ばあさんは、じぶんのうちのソバ畑を
すっかりふみあらしてしまっていたのである。

ばあさんは、さむけがしだして、からだをふるわせた。

「ばあさん、なんばゆめ見とったっな。ソバをだめにして
 しもうて・・・」
「まゆに、よーっと、つばをつけてみなっせ」

村の人たちにわらわれて、ばあさんはうろたえて家に
かけこんだ。

ばあさんのふみあらしたソバ畑は、もともと田んぼだった。

ところが、その年は、ひどい日でりで、やっとのことでうえた
イネも、ぜんぶたちがれてしてしまった。

しかたなく、村では田んぼにソバをつくった。やっといちめんの
ソバ畑となって、白いソバの花が、海のように波うつようになった。

ばあさんがやれやれとおもっているのを見て、キツネは、ソバ畑を
ふみあらさせてしまったのかもしれない。

ばあさんがキツネにばかされたという話は、村じゅうにひろがり、
キツネのしゅうねんはおそろしいものだと、それからは、だれも、
キツネに手だしをしなくなった。

狐に化かされるというよくある話である。「海と思ったところが、
 実はそば畑だった」という話であるが、大牟田に以前そばを栽培して

 いるところがたくさんあったということだろうか。今は見ないがー。



大牟田の民話より



タグ:親子ギツネ

共通テーマ:趣味・カルチャー

仙台奥さん [大牟田・三池の民話]

むかし、奥州仙台藩主伊達政宗の孫娘に、鍋姫という方が
ありました。

のちに柳河藩二代藩主立花忠茂公にお嫁にこられましたので、
柳河の人々は仙台奥さんとよびました。

仙台奥さんの嫁入り道具は沢山あって、全部運び終わるまでに
三年三月かかったということですから、想像もつこうと思いますが、
ただ一つだけないものがありました。

それが箕だったのです。

仙台奥さんは、イボができて、器量もよくなかったので、
殿様からは敬遠され、道具ばかりで箕(身)を忘れてきたと
いわれて、さびしい生涯を終えられたということです。

仙台奥さんは、いまわのきわに、自分がイボで苦しんだので、
自分が死んだら、イボで困る人があれば治してあげるといって、
息をひきとられたそうです。

だから、いまも、イボができると、お詣りに行く人が絶えないと
いうことで、倉永にあるお墓の外郭は、箕をかたどって作って
あります。

墓石が仙台奥さんの生まれ故郷である仙台の方角を向いて
たっているのを見るにつけ、望郷の想いが推しはかられて、
こころに染みるものがあります。

実在の人物が死後、神様として祭られた話である。
 悲しい話も知らず十年前に行った時は細い山道を通った
 のだが、現在は立派な道になっている。

 今でも水をもらいにくる人が後を立たないそうである。


大牟田の民話より




タグ:仙台奥さん

共通テーマ:趣味・カルチャー

定林寺の祖門おしょう [大牟田・三池の民話]

定林寺の十七代目は、祖門おしょうです。

祖門おしょうといえば、このあたりの村では、
けちんぼの節約家で有名でした。

なんでも、人の目のあるところでは、ぞうりをはく
のですが、人の目のつかないところでは、ぞうりを

ふところにいれて、はだしで歩くといった節約ぶり
ですから、村人の陰口には、ふたをすることも
できません。

寒い北風が、三池の山から吹いてくる、粉雪まじりの
冬の日のことでした。

その日も、祖門おしょうは、北風に吹かれながら、
大きな油つぼをさげて一里も離れた町の油屋まで、
はだしのまま油を買いに出かけて行きました。

お寺では、油がいるのです。あかりをともす油代が、
祖門おしょうの頭痛の種でした。

それで、祖門おしょうは、一文銭と大きな油つぼを
持っていっては、はじめは、油を大きな油つぼいっぱいに

入れさせて、あとになって、油は一文分だけでよいといって、
油つぼから油を移させ、つぼの内側に、べっとりとついた
油を、もうけとしておりました。

このような、ずるがしこい、けちんぼうなふるまいで、
この数年間の間に、祖門おしょうは、数百両のお金を
ためることができました。

祖門おしょうは、けちるたんびに、お金がたまっていく
ものですから、ますます、けちんぼうになっていき、

いつかは、草ぼうぼうの定林寺を、新しく立て直して
やろうと、心にふかく、きめこんでおりました。

ところが、そうした祖門おしょうのけちんぼうぶりが、
藩の家老の耳に入りました。

そのころ、藩の台所は火の車で、たいそうなびんぼうをして
おりましたので、藩内の金持ちから、寄付を求めていた
のでした。

祖門おしょうが、金をためこんでいるという噂がたったもの
ですから、家老は、ただちに、祖門おしょうに、金を都合する
よう申しつけたのです。

もちろん、祖門おしょうは、死ぬ思いをして、家老に金は都合
できないからお許しねがいたいと、たのみこんだのですが、
家老は、ききいれません。

しかたがありませんので、祖門おしょうは、定林寺を新築する
ためにためていた大金を、年末までには返してもらうという
固い約束をして、藩に貸すことにしたのです。

ところが、年末がすぎ、新しい年がやってきましても、家老からは、
何ともいってまいりません。

たまりかねた祖門おしょうは、なんども、なんども、さいそくに
行きましたが、家老は、いっこうに相手にしてくれません。

その上、じゃまになる祖門おしょうを、家老の権力でしかりとばし、
あげくのはてに、祖門おしょうを所はらいにしてしまいました。

祖門おしょうの生命をかけた定林寺の新築も、とうとう、水の泡の
ように消えさってしまったのです。

骨まで埋めるおもいで守ってきた定林寺をおいだされることは、
祖門おしょうにとっては、この上もない悲しみでした。

金は奪われ、寺は追われ、旅から旅へと流れあるかねば
ならなかった祖門おしょうは、あまりの苦しさにつかれはて、
とうとう重い病気になってしまいました。

-どうせ死ぬのなら、あの定林寺にかえって死にたい。

そう決心した祖門おしょうは、山を越え、野をこえ、
死にかかったからだを、思いひとつにたよって、定林寺へと
帰ってきました。

そして、最後の気力をふりしぼって、お経を口にとなえながら、
定林寺の庭さきで死んでしまいました。

村人たちによって見つけられた祖門おしょうのなきがらは、
定林寺の墓所に、ていねいにほうむられていきました。

それから、何日かたったころ・・・

おかしな噂ばなしが、村じゅうに、広がっていきました。

なんでも、歯をくいしばって無念そうな顔をした祖門おしょうが、
白衣姿になって現れ、そのうえ、火の玉が定林寺の墓所から

舞い上がり、それぞれ、家老の家へ向かっていったのを見た
というのです。

その噂がひろがりはじめてから、毎夜、藩の家老は、白衣姿の
祖門おしょうに悩まされつづけました。

夜中に、起き出しては、枕辺の刀をぬきとり、なんども、
祖門おしょうの白衣にきりかかったこともありました。

苦しみ続けた家老は、今まで、自分の悪かったことに気づき、
なんとかして、この罪のつぐないをしようと考えました。

それで、ありがたい経文を石にきざみこみ、祖門おしょうの
霊をなぐさめる経塔を、祖門のお墓のそばに建てました。

ふしぎなことに、そのことがあってから、祖門おしょうの噂も、
ぱったりと、きえてしまったということです。

定林寺は、臥竜梅で名の高い大牟田市の普光寺のそばにあります。

哀れな話である。現在「あじさい寺」として知られる定林寺に
 こういう話が残っているとは-。

 大牟田の民話としては、「つがにの大蛇退治」に継いでよく
 知られている話である。



大牟田の民話より




共通テーマ:趣味・カルチャー

夜泣き石 [大牟田・三池の民話]

昔、たたけばカンカンと金属音をだす変わった石が、
三池町のある虚無僧寺の入り口にありました。

しかもその石の表には、阿弥陀さまの像がきれいに
掘られていました。

地蔵さんに囲まれたこの石は、土地の人たちから
「不思議石」とか「カンカン石」と呼ばれていました。

ある日のこと、石に悲しいことが起きました。

このお寺とともに急に遠い城下町(柳川市)に運ばれて
しまったのです。

石は長い間、親しんでいた土地や地蔵さんたちと遠く
離れて、寂しくてたまらず夜になると、しくしく泣きました。

ちょうどそのころ、石が運び込まれた城下町では、不思議な
病気が急にはやり始め、病人が次から次へと出て、大さわぎと
なりました。

人々は、口々に「この不思議な病気は、変な石を運び込んだ
からだ」「毎夜、石が泣くのは、もとの所に帰りたいと泣いて
いるのだ」とささやき合っていました。

そこで、石のあつかいについて、毎夜、話し合った町の人たちは、
とうとう、石をもとの地蔵さんたちがいる三池町に帰すことに
しました。

するとそれ以来、石は夜泣くことをやめ、城下町でも病人は
出なくなったということです。

その後、いつのころからか、この石は、子供の夜泣きに御利益が
あるという”うわさ”が広がり、子供の夜泣きに悩まされる母親
たちがお参りするようになりました。

そして夜泣きを治す「夜泣き石」といわれて、まつられる
ようになりました。

高さ六十センチメートルの夜泣き石は、三池町大間小路にある
阿弥陀如来板碑であり、今でも夜泣きが治ったお礼にやってくる
母親たちがあとをたちません。

「石が泣く」から「泣く赤ん坊」に御利益があるという結末に
 なっている。

 夜泣きの赤ん坊に困った母親たちの願望の表れか-。



大牟田の民話より



タグ:夜泣き石

共通テーマ:趣味・カルチャー

つがにの大蛇退治 [大牟田・三池の民話]

むかし、むかし、今山にこの地方の豪族三池氏の城があり、
そこに玉姫というこころのやさしいお姫さまがいました。

姫は毎日つがにを可愛がって餌をやったり、遊んだりして
いました。

つがにはどんどん大きくなっていきました。

ところがいつのまにか、つがには姫の前から姿を消して
しまったのです。

姫は淋しい思いにかられ、あちこちさがしましたが、
一向につがにはみつかりません。

歳月は流れて、姫はそんなこともいつしか忘れて
しまいました。

そのころ三池山の奥深くに住む悪性の大蛇が、農作物を
荒らして今山の人々を苦しめていました。

幾度かの大蛇退治も失敗して、多くの人の命が失われ
ました。

困りはてた村人たちは、毎年春になると一人のおとめを
いけにえとして供えることにしました。

これで大蛇による被害はなくなりましたが、毎年春が
くると娘をもつ親は戦々きょうきょうとして、人身御供を

求める白羽の矢が、自分の家の屋根に立たないように念じ
続けました。

このような悲劇を繰り返していたある年の春、白羽の矢が
領主である三池氏の屋敷に発見されて、村中大騒ぎに
なりました。

玉姫の両親の嘆きはもちろん、村人の悲しみも大きく、
なんとかして姫を救う手段を相談しました。

しかし大蛇の意思にさからうことは出来ないと玉姫は
覚悟をきめ、白い装束を身につけ、白木の長持にはいり
ました。

村の若者たちは、おそるおそる玉姫を三池山の頂上に
かつぎあげ、逃げて帰りました。

夜は次第に更け、姫はただ一人暗い山の中で、大蛇が
現れるのを待ちました。

生暖かい風が吹いて来たかと思うと、突然山が鳴動して、
両目をギラギラ光らせ、炎のような真赤な舌をちらつかせた
どう猛な大蛇が姿を現わしたのです。

白木の長持ちはトグロの中に巻きこまれ、バリッバリッと
蓋はたちまち食い破られてしまいました。

大蛇は姫をひと呑みにしようと、クワッと大きな口を
開きました。

そのときです。どこからともなく大きな力強いつがにが
はい寄ると、大蛇めがけて戦いをいどみました。

幾時間もの間せいさんな死闘が続きましたが、つがにの
強力なはさみは、大蛇を頭と胴と尻尾の三つにはさみ切って
しまいました。

このつがにこそ、玉姫が餌をやって可愛がっていたつがにの
成長したものだったのです。

こうして玉姫の命も救われ、村のわざわいも除かれたので、
つがにに対する感謝の念から、村の人々はつがにを殺したり、
食べたりしなくなったといわれ、その風習はいまも続いています。

現在山頂の林の中に、三つの小さな池がありますが、この池は
三つにはさみ切られた大蛇のからだのあとに出来たものだと
伝えられています。

語り継がれた話を書き表したものには、ストーリーは同じでも
 表現に若干の違いがみられるものが多い。

 「かたりべ第八号つがに伝説の話」を参考にすると、この
 「つがにの大蛇退治」では、つがにが一匹であったり、多数で
 あったり、娘も領主の娘、庄屋の娘、名主の娘といろいろある。

 叉、この話は大牟田地方にのみ伝承されたものではなく、
 仙台、京都、鳥取にも同じような話がある。

 但し、つがにが大蛇を三つに挟み切ったというのは、三池山だけ
 に伝わる表現であり、オリジナリティである。

 三つの池、三池という地名起源の言われを語ろうとする
 意図が見える。


大牟田の民話より




共通テーマ:趣味・カルチャー

大牟田・吉野考 岩本エリア 白仁秋津旧居(大字岩本字下内) [大牟田・吉野考]

白仁秋津、本名は勝衛といいます。明治9年(1876年)6月6日に
銀水村上内で生まれ、熊本の済々學を卒業した後に、銀水に帰郷して、
短歌を勉強して有名な歌人・与謝野鉄幹、晶子夫妻に師事しました。

明治40年(1907年)夏に北原白秋から鉄幹一行の「五足の靴」の
三池炭鉱案内を依頼されました。

大正12年(1923年)から約15年間にわたって三池郡銀水村の村長を
務め、昭和23年(1948年)2月5日に73歳で死去しました。

下内の旧家は、草ふきの民家で百数十年を経た家屋だといいます。

屋敷の西側はかつては柿畑で、その垣根沿いに昭和44年(1969年)
12月7日に歌碑が建立されました。

碑面には、次の短歌が刻まれています。

※上床の山の秋風 すすぎだに
 そむくと見えて 身のさむさかな

※現在の山の名称は上徳山です。
※所在地は吉野校区ではなく上内校区になります。


吉野の魅力再発見より




共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -